いい人どまりの男にならないにはどうすればよい?その方法を教えます

いい人どまりの男にならないように!

私が学生時代に出会った男友達・先輩・後輩の中には、本当に性格はいい人なのに、全然彼女ができない男性がいました。その人たちの特徴から、いい人どまりになってしまう人はどんな人か、恋人候補になるにはどうしたらいいのか、考えてみました。

まず、いろんな人に優しい人はいい人どまりで終わると思います。

基本的に、優しい人はモテると思います。でも、女子がよく言う「優しい人が好き」は、「私に」優しい人が好きなのであり、「いろんな人」に優しい人ではないと思います。自分だけに、特別に、優しくしてくれる人に惹かれるのです。これは、決して狙っている子以外の人に、優しくしてはいけないということではありません。むしろ、男女問わず人に優しくするのは高ポイント。大切なのは、特別扱いをすること。

例えば、ちょっとしたイベントや遊びに行ったときなど、狙っている子も含めたみんなに1人1本ずつ飲み物を買っていこうと考えたとき。お茶や炭酸、ジュース等適当に人数分購入して行き、好きなものを取って!という場合。みんなに買っていこうという優しい気持ちは評価されると思いますが、狙っている子にアピールするにはもう一歩。

好きな子にだけさりげなく「いつもこれだよね?」や「これ好きって言ってたよね?」、「○○はこれ!」と渡すことで、見る目はすごく変わると思います。好きなものを把握するのが難しいという批判が来そうですが、好きな人の好きなものくらいは、1つでもいいので頑張って把握してください!そうすることで、優しさが更なる強い武器になり、いい人どまりを卒業できると思います。

次に、何でも女子の気持ちを優先しようとする人、自己主張があまりない人も、いい人どまりになる可能性が大きいと思います。セフレやカキタレがいる芸人さんなどは非常に自己主張が激しく、オラオラに女性を合わせる感じが逆にモテるみたいですね。

参考:芸人が言うカキタレの意味はセフレ?愛人?地方のカキタレ一般人がTwitterで炎上して鍵化一覧まとめ

「どこに行きたい?」「何食べたい?」と聞いて、女子の意志を尊重することは決して悪いことではないと思います。自分の希望が叶う訳ですから、マイナス評価ではないと思います。しかし、それが何度も何度も続くのは、ただのいい人。狙っている子に気持ちをアピールするには足りず、この人私には興味ないんだと思われてしまい、恋人候補からはずれ、最終的には暇なとき遊ぶ友達になってしまいます。たまには「○○に行こう」「○○が食べたい」という主張があると、自分と一緒にいることに積極的になってくれていると感じます。

例えば、前回女の子の希望を聞いたのであれば、「今度は俺の行きたいところでいい?」と言ってみるとか!
また、デート等外出の時だけでなく、普段の会話でも、ただただ同調するだけではなく、自分の主張をすることで、男性らしさもアピールできると思います。そんなしょうもないこと!と思うかもしれないけど、小さいことの積み重ね、とっても大事だ思います。

いい人どまりの人は、いい人なのは間違いないので、あと一歩アピールできるように頑張ってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です