やたら上から目線で相手を否定ディスしてくる男性はプライドが強いがゆえ?

以前友人の1人の男の人にデートに誘われました。その人とは話すことはあっても、別に特別仲がいいわけではなく、大勢の中の1人という感じでした。一緒に行きたいという場所が私の興味がある場所だったこと、特にその日に何の予定もなかったこと、その時フリーだったこともあって、まあ別に昼間1日過ごすくらいはと思いOKしました。

遊んでいる間は特に普通にしていたのですが、時間がたつにつれ、彼の言葉が滑らかになっていきます。それは別にいいことなのでしょうが、段々と私についてそれって言わなくてもよくないか?ということまで話し始めました。

曰く、最初にあった時はものすごく田舎臭い感じのする人だと思った、仕事はシャキシャキとしていて早いけどなんかすぐにミスをしそうな感じだった、もっと●●っぽいファッションの方が似合うんじゃないかと思っていた、友達としては楽しそうだけれど彼女にするにはガサツなんじゃないかと思っていたetc…私に対するイメージを色々と話すのですが、それがすべてそれってどうなの?というイメージのものばかり。

しかもなんか上から目線…たしかに私はそういうイメージなのでしょう。言われたことに対する自覚もあります。しかしそれを好意をもっているからデートしようと誘った相手に、しかも最初のデートで普通言いますか?最初は落としておいて最後にあげるという作戦なのかな、とも思ったのですが、いつまでたっても上げる言葉は出てこないのです。私のテンションはダダ下がりです。

そのうち、私を誘ったのは冗談か罰ゲームなのかな、とも思うようになりました。いくら本当にそう思っていても、なぜ相手のネガティブな事を話す必要があるのか…その会話力のなさ、デリカシーのなさに驚きました。

別におだてて、持ち上げてほしいわけではありません。でも楽しい気分にさせるために、相手とどんなことを話せばいいのかくらいは理解していてほしいです。自分に好意を持ってほしいのなら、とりあえず嘘でも些細なことでも褒めればいいじゃないですか。ポジティブな言葉だけでいいじゃないですか。なんでも正直に話せばいいというものではありませんよね。

人間は言葉の生き物です。相手の言葉遣い、言う事、話し方、声色などで人の印象はあっという間に変わります。異性(だけじゃなく同性にもですが)にいい印象を与えたいなら、連れて行く場所などよりも先に会話術を磨いてほしいものだと思いました。
もちろん、彼とはその後はありませんでした。だって話をしていたちっとも楽しくないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です